こんな結婚式にしてみたい!人気の結婚式ランキング

世界各地の結婚事情と宗教

日本という国の特色として挙げることが出来るのが、宗教意識の希薄さですよね。
多くの人間がキリスト教徒という訳でもないに関わらず、教会で結婚式を挙げます。そして、お葬式は、仏教に即したものであり、初詣には神社に向かいます。これは、宗教意識が薄い為に見られる現象ですが、国際結婚が急速に増加している中で、結婚相手の宗教に即した形で結婚式を執り行うというのは素敵なこととは思いませんか。そんな中で信者が最も多きのがキリスト教、二番目がイスラームで、三番目は意外なことに、ヒンズー教となります。当然信者の方は自分自身の宗教に即した挙式スタイルで結婚式を行いたいと考え、それは自身の宗教に影響されるので世界の結婚式スタイルは一部の例外を除いて、宗教に強く影響されます。

日本の結婚式のスタイル

日本の結婚式のスタイルとして特に多いのが、西洋式のキリスト教型の結婚式です。このスタイルが現在の日本では一般的に執り行われており、最も普及しているスタイルとなっています。多くの人が結婚式と考えたのならキリスト教式のものを日本ではイメージすることでしょう。
これと比べて、あまり一般的とは言えないのが、人前結婚式と神前結婚式です。神前結婚式は日本古来の宗教である神道に即したスタイルのものですが、人前結婚式は宗教と関係を持たないスタイルであり、招待客に対して結婚したという報告を執り行うものです。このように最も一般的という以外にも、伝統や日本独自の宗教観によってこのような結婚式を行いたいと考えるようになったと思われ、その結果がキリスト教と神道、人前というスタイルで結婚式を挙げる理由となったのでしょう。